Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Profile
Categories
Selected Entries
Recent Comments
Archives
Bookmark
Search This Site
Others

内房線トワイライト

〜田舎だけんが音楽(るい)で友は呼べないの会〜
オフィシャルブログ、だったりします。
http://uchibou69.jugem.jp/
<< Deerhoof | main | 試行錯誤 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
TEENAGER
ずえんずえん書いてなくてごめんなさい(汗)

さてさて、最近の私はといいますと、
以前から騒いでいた大好きなバンド「フジファブリック」の、
二年二ヶ月ぶりのニューアルバム「TEENAGER」を、
フライングゲットいたしまして、
お友達の協力もあり無事に春のツアー、
横浜公演と中野2days公演のチケットを確保することができました(涙)

久しぶりの電話戦争でした。
欲しくてたまらないチケットのために、
右手に携帯電話、左手に家電を持って、
一時間半も同じ電話番号にひたすら電話をかけつづけるわけです。
まあ、日常であったら恐ろしいというか、
随分と非日常的な行為ですよね(爆)
全国からのコールが殺到するわけなので、
それくらいしないと繋がらないし、
例え二時間後にやっと繋がったとしても、
実は最初の10分で予定枚数が終了、なんて場合もあるのです。
某バンドだと「分殺」というか「秒殺」ですもんね。
とにかくゲットできたことは嬉しいので、
それを目標に歩き続けることができます。大丈夫。
あとは我が神が努める赤坂BRITZのこけら落としを狙うのみ!

といふわけで、遅いとは思いつつも「TEENAGER」の感想ゆきますか。
最近出てくるバンドさん達が「十代向け」になっていくことが、
何故かすごく嫌だった私にとって、
大好きなバンドが「TEENAGER」というタイトルの
アルバムを発表するだなんて、
楽しみな半面、とてもヒヤヒヤする事態でした。

でも、色んなインタビューを目にして、ホっとしました。

志村正彦氏の言葉を聞いて、安心することができました。

このアルバムは今の十代に向けられる、
というよりは「嘗て十代だった人達」、
「十代の気持ちを忘れないでいる人達」へ向けられる一枚。
要は、ロックミュージックは「TEENAGER」のものなのだ、
という彼/彼らの解釈が、この一枚に詰め込まれているのです。
そして、音楽が、ロックミュージックが好きなら、
対象年齢なんて何処にも設けられていないはずだと、
彼らは辞書には載っていない「TEENAGER」の意味を、
独自に生み出そうとしているのです。

今までに出してきたシングルやアルバムと比較して、
全体的にポップさが「増している」のは確か。
でも、完全にポップに「塗り替えられてしまった」という
錯覚を起こしてはいけません。
私なりの解釈だけれど、きっとそれは違う。
もしそう思った人が私以外にもいたのならば、よく聴いてください。
耳、というよりは自然体のまま、全身で聴いてください。
今までの彼らがちゃーんと見えてきます。大丈夫、うん、大丈夫。

もうどの曲も、何回も、何周も聴いたけれど、
聴く度に聞こえ方が変わります。感想だって変わります。
それこそがきっと、フジファブリックが持っている魅力。マジック。
立ち止まらなくていいのです。前向きでいることが大切なんです。
既に生活していく上では大切な一枚となっています。
Posted by What's 内房線トワイライト?
レビュ@みほ / 21:14 / comments(0) / -
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 21:14 / - / -
COMMENT